ドメインパワーの上げる方法

 

オタマジャクシ

ドメインパワーってどうやってたら上がるの?

 

こんな疑問を解決できる記事になっています。

ドメインパワーはWEBサイトの強さを表す指標になります。

 

今回は『ドメインパワーの上げ方』を説明します。

 

スポンサーリンク

ドメインパワーについて

 

ドメインパワーとは

『検索エンジンからどのくらいの信頼を得ているのかの指標』になります。

 

ドメインパワーが高いメリット

 

メリットは3つあります。

・検査順位が上がる
・検索エンジンに早く認識される
・意図しない検索に引っかかる

 

ドメインパワーの調べ方

 

ドメインパワーは簡単に調べることができます。

詳しくはこちらの記事に書いています。

 

ドメインパワーの目安

 

個人サイトならば20以上あれば、ドメインパワーが強いサイトといえるようです。

ビックワードの検索上位に食いこむ個人サイトは、ドメインパワーが高いことをチェックして確かめました。

 

ドメインパワーを上げる方法5つ

ドメインパワーを上げる方法を紹介します。

6つの方法
・アクセス数を集める
・価値ある記事を書く
・更新頻度を増やす
・長く運営する
・被リンクを集める

詳しく書いていきます。

・アクセス数を集める

アクセス数が多いと、Googleの信頼を高めます。

人が多く来るお店の方が、はたから見て信用できるのと同じですね。

 

アクセス数を増やすためには、以下の2つをうまく使いましょう。

・検索流入
・SNSからの流入

 

POINT

まずはサイトを人に見られることが絶対に必要です。
Googleも評価のつけようがありませんから・・・

そのためには、記事を書いて検索されて表示される可能性を増やす
SNSで直接サイトに呼び込むことが必要です。

 

SEOに強いWordpressのテーマを使うのも手でしょう。
僕が使っているテーマはSEO対策済みの「DIVER」です。

>>《懇親のレビュー》”Diver”(ダイバー)は最強の有料テーマ

ブログはTwitterと相性がいいです。

 

 

・価値ある記事を書く

『ユーザーの悩みや疑問を解決できる』や『読んでいたくなる』コンテンツになっていれば、価値あるサイトであると評価されます。

リアルで例えるなら、面白いお笑い芸人は最初から最後まで見てられるようなイメージです。
面白い芸人は視聴率がとれるから、番組に呼ぶのと同じです。

価値のないサイトであれば、Googleもわざわざサイトを上位に持ってくる必要はありません。

 

では、Google価値ある記事をどう判断しているのか?
の疑問への答えはこうです。

・滞在時間を見ている

※Googleの評価ロジックは公表されていないのであくまで仮説です

このサイト使えないと思えば、別のサイトにいきますもんね・・・
シビアな世界です。

 

・更新頻度を増やす

新しく有益な情報を提供してくれるサイトの方が
Googleの評価が高いのは想像がつくはずです。

更新は1~2週間に1回はするようにした方がいいですね

更新頻度が下がると、ドメインパワーが下がることがあるので
更新頻度もある程度、加味する必要があると言えます。

 

・長く運営する

 

サイトの開設日が古いと、ドメインパワーが高い傾向にあります。

更新数がそこそこあり、長期間存在しているとドメインパワーは上がるようです。

 

・被リンクを集める

 

被リンクとは、自分のブログが他のブログにリンク(紹介)されることを言います。

被リンクがあるブログは、「信頼度がある、人気があるブログ」と評価されます。

 

どうしたら被リンクを獲得るのか疑問がわくと思います。

答えはシンプルで

紹介したくなるような記事を書く

以上です!

 

ドメインパワーを上げるための裏技

中古ドメインを使用する

・中古ドメインを使用する
・共有ドメインを使う

ドメインパワーが高いドメインを買い取ることができるのです。
初めから、ドメインパワーが高ければサイトを育てる必要はありません。

育てるまでの時間を買うといった感じでしょう。

 

【はてなブログ】【FC2】などのブログをつかえば、キーワードによって露出はされるでしょう。

しかし、完全に自分のものではないのでお勧めはできません。

 

まとめ

 

ドメインパワーの上げ方がわかったかと思います。

 

読者をとどまらせるほどの質の良い記事を、長期的に更新し続ける

結局のところこういう事ですね

 

ブログで一人でも多くの人に価値を届けるためには、作業は絶対に必要という事がわかったと思います!

コツコツやっていきましょう

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事