腹筋を鍛える|自宅でのオススメ筋トレ器具(グッズ)

 

オタマジャクシ

自宅で腹筋を鍛える、いい器具(グッズ)ない?
腹筋鍛えるなら、何がオススメ?

 

こんな、悩みを解決する記事になっています。

腹筋を鍛えると、ウエストが引き締まりスタイルが良く見えます。なんなら、シックスパックを見せれるくらい鍛えることができたらカッコイイのは当たり前。

そこで、今回は自宅で腹筋を鍛える器具(グッズ)の紹介をしていきます。

 

トレーニングジムが近くになかったり、家でちょっと体を鍛えたいと思っているあなたにピッタリの記事になっています。

僕自身はもともとデブでしたが、3、4か月ほどで腹筋を割った経験があります。

腹筋を鍛えるうえで、家でできるトレーニングも多かったのでその経験から説明をできたらと思っています。

 

腹筋

 

スポンサーリンク

腹筋とは?

そもそも、腹筋ってどこの部位か一度再確認しておきましょう。

知っておくべき腹筋の名前は2つ。

  • 腹直筋
  • 腹斜筋

腹直筋

腹直筋

腹筋の代表と言える筋肉です。シックスパックと呼ばれたりもしていますね。

この筋肉を鍛えて、大きくすることで、シックスパックが浮かび上がってきます。

腹筋を割るには、腹直筋を鍛えることが必要になります。

 

腹斜筋

腹斜筋

くびれを作る筋肉でもであります。

お腹周りを引き締めて見せたい方には、鍛えるべき筋肉の一つです。

この斜めの筋が好きな女性って結構多いんですよね。

腹筋を鍛えるメリット

腹筋を鍛えるメリットを3つ紹介しましょう。

 

メリット

  1. 見た目がカッコくなる
  2. 便秘解消
  3. お腹がへこむ

 

見た目がカッコくなる

トレーニングをする人ならシックスパックに憧れたことはあるでしょう。

お腹周りが閉まることで、かっこよく見えるものです。

アニメだって腹筋が割れているキャラクターとかばっかりという事は、それほどかっこよさの象徴のようなものと言っても過言ではありません。

女性ならウエストが引き締まるとセクシーさが増しますね。

便秘解消

イメージしやすいかと思いますが、腹筋を鍛えることで便を押し出す力が強くなります。

シックスパックになるには腹筋を鍛えるのはもちろんですが、脂肪を落とすことも同時に行わないといけません。

便を押し出してくれると、腸内環境が良くなり、痩せやすい体質にもなるのです。

 

腹筋を割るために、こちらの記事も合わせて読んでみるのもいいもしれません。

>>腸活をすることはダイエットにつながる 

 

お腹がへこむ

腹筋を鍛えることで、内臓や脂肪をもとの位置に戻すことができます。

想像できないかもしれませんが、腹筋がないとお腹に圧がかからなくなり内臓を支えきれなくなるようです。

ポッコリおなかに悩んでいる方の解決の糸口になるとはずです。

 

腹筋を鍛えるオススメの器具(グッズ)

それでは本題の、腹筋を鍛える器具の紹介をしていきたいと思います。

基本的に家で使用することを前提で、個人的に次の評価基準で決めています。

『家で使いやすいか』と『効果の効き具合』のもっとも知りたいであろう2点でランキングをつけています。

 

他のサイトでの腹筋を鍛えるランキングを見てみましたが、「う~ん」と疑ってしまうようなサイトも

ここでは本音で書いていくので安心して参考にしてください。きっと、他のサイトと順位も違うと思います。

1位:マット
2位:ベンチ
3位:腹筋ベルト
4位:腹筋ローラー
5位:ワンダーコア

それでは説明していきますね。

1位:マット

トレーニングマット
created by Rinker

腹筋はマットがあれば十分と言っていいほど鍛えることができます。

僕は腹筋の筋トレは8割マットでした。残り2割はベンチ

まずはマットで腹筋の基礎的なトレーニングをおこない、さらに負荷をかける為にベンチなどを使ってみるのもいいでしょう。

 

上に載せたように厚みがあるマットがオススメです。

ヨガマットはコンパクトに収納出来ていいのですが、床に引くと薄くて腰骨が床に当たり痛くなることがあります。

 

快適に運動できる環境を作ることが、トレーニングを継続するコツです。

 

2位:ベンチ

インクラインベンチ
created by Rinker

※画像はFITMATE-トレーニングベンチ

 

足を固定して、傾斜をつけてする腹筋も効果があるのですが、

ドラゴンフラッグを行うと高負荷をかけられ、腹筋がバキバキになりました。


ドラゴンフラッグを行うなら「安いフラットベンチでいい」と思うかもしれません。

ちょっと待ってください!フラットベンチを買って後悔する人が後をたちません。

 

収納ができないのは鬱陶しいのと、筋トレが好きなら結局ダンベルを買ってトレーニングするようになると思いますよ(笑)

フラットベンチ
created by Rinker

※画像はリーディングエッジーフォールディング フラットベンチ

 

ダンベルは可変式ダンベルがオススメ。部屋の隅で鉄くずにならないダンベルです。

可変式ダンベル
created by Rinker

 

3位:腹筋ベルト

腹筋ベルト(シックスパッド)
created by Rinker

 

効くか効かないかでいうと効果はあります。筋トレというべきか迷います・・・

 

「シックスパッドは高い」皆さんそう思うはずです。

金額が高いって、信頼と実績を買うようなものではあります。

腹筋ベルトに興味があるようだったら、ちょっと安いので試した方がいいかもしれないですね。

 

僕は50万円くらいする腹筋に電気を流して、寝ながら腹筋を鍛える器具を使っていたことがありますが

朝は腹筋が筋肉痛になるくらい効果はありました。

銀座のちょっと高めのエステで買えるので、気になれば探してみてください。

 

4位:腹筋ローラー

腹筋ローラー
created by Rinker

 

ひと昔前は、腹筋ローラーは腰に負担がかかり腰を痛めるのが怖くて使えなかった人も多くいました。

しかし、今は自動で戻ってくるようにアシストされる腹筋ローラーであれば、腰への負担が軽減されるのでオススメです。

 

僕も持っていますが、マットがあればいいかなと思ってしまうので4位にしました。

 

5位:ワンダーコア

ワンダーコア
created by Rinker

 

効果は間違いなくあります。

腹筋が全くできないっていう女性には強い味方です。

腹筋が0回しかできないのであれば、腹筋していないのと同じになってしまうので、こういった器具に頼るのが賢いです。

 

個人的に、同じ値段だすならインクラインベンチでドラゴンフラッグを行うので5位にしました。

 

まとめ

自宅で腹筋を鍛える器具(グッズ)の紹介を行いました。

 

腹筋があればスタイルがよくなるのはもちろん

「服の下はバキバキなんだ~」と会話のネタとしてと仕込んでおくこともできます。

 

筋トレに関する記事は他にもあるので、参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事