肩を鍛える|自宅でのオススメ筋トレ器具(グッズ)

 

オタマジャクシ

自宅で肩を鍛えるための、いい器具(グッズ)ない?

 

こんな、悩みを解決する記事になっています。

 

肩幅がある男は女性に”たくましい”という印象を与えます

たくましい背中に惚れる女性は圧倒的に多いので、肩を大きくしたら女性にもてるようになったなんて話も聞きます。

 

そんな肩幅を広くするために、自宅で肩を鍛えられる器具(グッズ)の紹介をしていきます。

家でちょっと体を鍛えたいと思っているあなたにピッタリの記事になっています。

 

僕自身の自宅でのトレーニング経験を踏まえて説明をしていこうと思っています。

 

スポンサーリンク

肩の筋肉のおさらい

肩‐三角筋

 

肩を鍛える前に、肩の筋肉について知っていた方が効率よく鍛えることができます。

肩の筋肉について、復習がてら再確認しておきましょう。

 

肩=三角筋

 

三角筋はもう少し細かく分解できます。

 

  • 三角筋前部
  • 三角筋中部
  • 三角筋後部

3つの筋肉の特徴を軽く説明していきます。

 

三角筋前部

 

筋肉

 

三角筋前部を鍛えることで、丸みを出すことができて立体的な肩になります。

横から見たときのシルエットを美しくするには必要不可欠です。

 

三角筋中部

筋肉

 

三角筋中部を鍛えることで、肩が外に向かって厚みを増すので、肩幅が広くみえるようになります。

逆三角形を目指すなら鍛えておきたい部位ですね

 

三角筋後部

 

肩全体のボリュームを大きく見せる効果があります。

前部の方が鍛えやすく、偏りがちですがしっかりと後部も鍛えてバランスの取れた肩を目指しましょう。

 

肩(三角筋)を鍛えるメリット

 

肩(三角筋)を鍛えるメリットを2つ紹介しましょう。

 

メリット

  1. たくましい見た目を手に入れることができる
  2. 背中・腕の筋トレの効率アップ

 

たくましい見た目を手に入れることができる

初めに紹介したように、肩幅が広く、厚みがあると”たくましく”見えるようになります。

Tシャツの袖をまくった時に見える厚みがある肩に、ドキッとする女性も多くいます。

 

腹筋よりも肩の方が生活で自然に視界に入るので、鍛えがいがありますよね!

 

背中・腕の筋トレの効率アップ

「背中のとレーニング」をするにも「腕のトレーニング」をするにも肩にも負荷がかかります。

三角筋を鍛えておくことで高負荷にたえられるようになります。

 

肩が先に疲労してしまうことが無くなれば、より効果的に背中や腕の筋肉に刺激を入れられるのです。

 

肩を鍛えるオススメの器具(グッズ)

 

それでは本題の、肩を鍛える器具(グッズ)の紹介をしていきたいと思います。

 

基本的に家で使用することを前提で、個人的に次の評価基準で決めています。

『家で使いやすいか』と『効果の効き具合』のもっとも知りたいであろう2点でランキングを付けています。

 

本音でおススメを書いているので、参考にしてみてください。

カエル
それではどうぞ!
1位:ダンベル
2位:チューブ
3位:懸垂マシン
4位:バーベル
5位:アームバー

それでは説明していきます。

1位:ダンベル

可変式ダンベル
created by Rinker

 

自宅トレーニングするなら、まずはダンベルを買わなきゃといってもいいでしょう。

自宅でも三角筋をしっかりと鍛えることができ、でかい肩を手に入れられます。

 

ポイントは可変式ダンベルであるという事

ネジを回して重さを変えるダンベルは、重さを変えるのがめんどくさくなり使わなくなるので注意です。

 

ダンベルを使った方の三角筋の鍛え方は以下の4つほどあります。

  • ダンベルショルダープレス
  • ダンベルフロントレイズ
  • ダンベルサイドレイズ
  • ダンベルリアレイズ

 

◆ダンベルショルダープレス

三角筋全体に効果があり、主に前部と中部を鍛えることができます

インクラインベンチを使ってやるのが一般的なので、インクラインベンチも一緒にそろえることをおススメします。

最大の効果が期待できます。

 

インクラインベンチ
created by Rinker

 

 

◆ダンベルフロントレイズ

三角筋前部を鍛えることができます。

ダンベルを下から上に胸の前まで持ち上げ、三角筋前部を鍛えます。

 

◆ダンベルサイドレイズ

三角筋中部を鍛えることができます。

ダンベルを真横に値上げ、三角筋中部に負荷をかけます。

 

◆ダンベルリアレイズ

三角筋後部を鍛えることができます。

前傾姿勢になりながら、肘を後ろに引くことで三角筋後部を刺激します。

 

2位:チューブ

トレーニングチューブ
created by Rinker

画像はSTEADY(ステディ) フィットネスチューブ

 

しっかりと持ち手があるチューブを選びましょう。

ダンベルほどの負荷はかけにくいですが、ダンベルと同様に「ショルダー」「フロントレイズ」「サイドレイズ」「リアレイズ」が行え、厚みのある肩を作れます

 

比較的安めで、自宅で三角筋を鍛えられるのでまずはいいでしょう。


この動画にあるように、チューブでも効果はあります。

 

3位:懸垂スタンド

マルチ 懸垂マシン
created by Rinker

画像はSTEADY(ステディ) 懸垂スタンド

 

 

懸垂(チンニング)で三角筋後部を鍛えることができます。

もち方によって筋肉の負荷がかかる場所が変わります。懸垂マシン(懸垂スタンド)を選ぶときは握れるグリップの種類が複数あるかも気にしましょう。

 

懸垂スタンドの選びかたはコチラに書いてあります。

>>懸垂(チンニング)スタンドのオススメは○○!-これを買っとけば間違いない

 

4位:バーベル

これは家に置きにくいので4位にしました。

ただ、場所とやる気があれば、バーベルは肩を大きくするのに効果は絶大です。

 

以下のようなトレーニングで肩を大きくできます。

◆バーベルショルダープレス
◆アップライトローイング

5位:アームバー

画像はElikliv アームバー

 

アームバー

 

上半身の筋肉ほぼ全体的に効きます。

ただ、メイントレーニングがあっての補助的な役割というイメージなので5位としました。

 

まとめ

自宅で肩(三角筋)を鍛える器具(グッズ)の紹介を行いました。

 

肩は日常の生活の中でも、たくましさを示すことができる体の1部なので

鍛えておいて損はないでしょう。

 

筋トレに関する記事は他にもあるので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事