腕を鍛える|自宅でのオススメ筋トレ器具(グッズ)

 

オタマジャクシ

自宅で腕を鍛えるための、いい器具(グッズ)ない?

 

こんな、悩みを解決する記事になっています。

 

運転をしている時に見える腕の筋肉や、Tシャツの袖から見える腕の筋肉は

女性だけでなく男性の視線も惹きつけるほど、カッコいいものです。

 

モテる男の腕は”がっしりとしている”もの。

腕の筋肉は日常の中で自然に露出できるので鍛えて損はないでしょう。

 

今回はそんな腕をたくましくするために、自宅で腕を鍛えられる器具(グッズ)の紹介をしていきます。

家で体を鍛えたいと思っているあなたにピッタリの記事になっています。

 

僕自身の自宅でのトレーニング経験を踏まえて説明をしていこうと思っています。

 

スポンサーリンク

腕の筋肉のおさらい

腕の筋肉

 

腕を鍛える前に、腕の筋肉について知っていた方が効率よく筋肉をつけることができます。

腕の筋肉について、復習がてら再確認しておきましょう。

 

腕の筋肉は大きく3つに分けることができます。

  • 上腕二頭筋
  • 上腕三頭筋
  • 前腕筋

この3つの筋肉の特徴を説明してきます。

上腕二頭筋

上腕二頭筋

 

力こぶで有名な筋肉

腕の筋肉の中で最も目立つ筋肉であり、トレーニングの成果がわかりやすく出るのでやる気もあがります。

 

もっと細かく言うと2つに分けることができます。

・長頭:上腕二頭筋の外側についている筋肉

・短頭:上腕二頭筋の内側についている筋肉

 

上腕三頭筋

上腕三頭筋

 

仕上がった「上腕三頭筋」は腕を太くたくましく見せます。

上腕二頭筋を鍛えたくなりがちですが、上腕三頭筋もバランスよく鍛えましょう。

腕を太くしたいのであれば、上腕二頭筋よりも上腕三頭筋の方が効果的です。

 

腕立てで鍛えられるのも上腕三頭筋です。

 

前腕筋

前腕筋

前腕筋を鍛えることで、血管が浮き出るようになります。

血管が浮き上がった腕がフェチという人も多くいます。

 

高負荷のトレーニングを行う時に、前腕筋を鍛えて置くことで正しいフォームでトレーニングが行え筋肥大の効率をあげることができます。

腕の筋肉を鍛えるメリット

腕の筋を鍛えるメリットを2つ紹介しましょう。

 

  • 腕力が付く
  • 印象を変えることができる

 

腕力が付く

腕の筋肉を鍛えることで腕力が付きます。

女性に変わって重い物を持ってあげたりと、生活の中で自然と筋肉のアピールができるのです。

そうなると、自然と頼られたり、女性にモテたりするようになるのは当たり前のことですね。

 

印象を変えることができる

Tシャツの袖から見える腕の筋肉はその人の印象を決めることもあります。

『腕を太くしてゴリマッチョ』に思ってもらえたり

『引き締まった腕の細マッチョ』に思われたりと印象を大きく変えることができます。

 

自分がどのように思われたいかで、鍛えるレベルを変える必要があります。目標って大事です。

 

腕を鍛えるオススメの筋トレ器具(グッズ)

 

それでは本題の、腕を鍛える器具(グッズ)の紹介をしていきたいと思います。

 

基本的に家で使用することを前提に、以下の評価基準で決めています。

『家で使いやすいか』と『効果の度合い』です。

もっとも知りたいであろう2点でランキングを付けています。

 

本音でおススメを書いているので、参考にしてみてください。

カエル
それではどうぞ!
1位:ダンベル
2位:懸垂マシン
3位:チューブ
4位:トレーニングベンチ
5位:EZバー(Wバー)

それでは説明していきます。

1位:ダンベル

可変式ダンベル
created by Rinker

 

腕を鍛えるにおいて、ダンベルは万能で圧倒的1位です。

 

ダンベルはちょっと高いけど可変式ダンベルがオススメ

ネジで回すタイプのダンベルは、重さの変更がかなりめんどくさい。僕は買ったのに使わなくなってしまいました。

 

ダンベルがあればこのような筋トレが行えます。

◆ダンベルカール


【鍛えられる部位】上腕二頭筋

上腕二頭筋を鍛えるもっともポピュラーな筋トレ

 

〇合わせて持ってい痛い筋トレグッズ
アームブラスター
created by Rinker

上腕二頭筋を鍛えるアームカールで、正しいフォームでトレーニングが行えるようになります。

 

◆ハンマーカール


【鍛えられる部位】上腕二頭筋

上腕筋と呼ばれる筋肉も刺激するため、腕を太くする効果が高い種目

 

◆フレンチプレス


【鍛えられる部位】上腕三頭筋

◆リバース・リストカール


【鍛えられる部位】前腕筋

2位:懸垂マシン

マルチ 懸垂マシン
created by Rinker

マルチ懸垂マシン(懸垂スタンド)がオススメです。

持ち手が複数ある懸垂スタンドなら、持ち手を変えることで、複数の部位に効果がでます。

 

また、足元についているのでプッシュアップバーを使えば、上腕三頭筋を鍛えることができます。

プッシュアップバー 腕立て伏せ

 

他の種目もおこなえると考えるとかなりコスパがいい筋トレ器具です。

 

◆逆手懸垂

【鍛えられる部位】上腕二頭筋

バーを逆手で握り体を持ち上げるときに、上腕二頭筋を鍛えることができる。

 

◆プッシュアップ(腕立て)

【鍛えられる部位】上腕二頭筋

プッシュアップバーを使えばより効果がでます。

 

3位:チューブ

トレーニングチューブ
created by Rinker

 

自宅でトレーニングするのであれば、安くて場所もとらないので持っていて損はない筋トレグッズです。

 

◆チューブアームカール

【鍛えられる部位】上腕二頭筋

両足で踏んだチューブを引くことで、上腕二頭筋を鍛えることができます。

 

◆チューブキックバック

【鍛えられる部位】上腕三頭筋

この動画で使っているのは以下の商品。ちょっと高いので普通のチューブでいいと思います。

トレーニング器具 自宅用 BODYBOSS
created by Rinker

 

 

4位:トレーニングベンチ

インクラインベンチ
created by Rinker

トレーニングベンチを使うことで、上腕三頭筋を鍛えることができます。

ダンベルを使う時にも使用するので、ダンベルと合わせて持っておきたい筋トレグッズ

 

◆リバースプッシュアップ

 

【鍛えられる部位】上腕三頭筋

肘を曲げながらカラダを下ろし、下ろしきったら肘を伸ばしていき元の姿勢に戻る

上腕三頭筋でしっかり押すことで、負荷をかけることができます。

 

5位:EZバー(Wバー)

EZバー(Wバー)
created by Rinker

ストレートバーよりも、Wバーの方が、上腕二頭筋に効くという人も多くいます。

家で行うと考えると、重りも買わなくてはいけないので5位にしました。

自宅においてもいいという方にとっては、1位、2位になってもいい筋トレグッズです。

 


関節をいためないで、腕の筋肉を鍛えることができます。

 

まとめ

筋肉の中でも一番と言っていいほど、人の目にする機会がある筋肉です。

腕も太くたくましく、腕力を上げて、頼れる男を目指しましょう。

 

筋トレに関する記事は他にもあるので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事